自分だけが夜行バスに乗るわけではありません。乗車時には、他の方の迷惑にならないようにする必要があります。このページでは、夜行バス乗車時のマナー・エチケットをご紹介します。

まず、睡眠をとるため、リクライニングシートを倒す場合には、後ろにいる人に一声かけて了解を取りましょう。急に深く倒すと、後ろの人が自分のシートの背面に付いているドリンクホルダーがかたむいて、飲み物がこぼれてしまうことがあります。前のシートと後ろのシートの間隔が狭い場合、脚がはさまって後ろの人に危害を加えてしまうことにもなりかねません。

シートの問題以外では、音に気をつけましょう。周りの人が寝ている中で一緒に乗っている人と会話したり、通話したりするのは迷惑です。トイレに行く際に歩く音、かばん・バッグの荷物を探る音、イヤホンから漏れる音、菓子・弁当などを開けるなどする際に出る音などは、周りの睡眠をさまたげることになりかねません。

その他、明かりにも注意したいところです。景色を見たいということでカーテンを開ける、暇で携帯電話をずっと見ているというのは、外の光や携帯のバックライトでほかの乗客の眠りをさまたげます。消灯後には、強い光を周りの人にあててしまうことがないよう、細心の注意を払いたいところです。

夜行バスの検索・予約サイトで夜行バスに乗ることができる状態までいくにはどうすれば良いのでしょうか。まず、出発地や到着地などの条件を指定して、夜行バスを検索をするところから始まります。無料会員登録により、ポイントサービスの利用が可能になったり、予約のための名前などの申し込み情報を事前に登録しておくことにより、毎回の申し込み情報の入力の手間が省けるようになったりするサイトでは、事前または初回予約と一緒に登録しておくほうが便利でお得です。

検索した結果、料金や設備など希望条件に合うところがあったら、予約を行ないます。案内に従ってアイコンを選択したり、必要事項を入力していくだけで、特に苦労することはないでしょう。案内に従い予約情報を入力したあとは、決済方法を選択します。オンライン上で決済まで済ませたい場合は、クレジットカード決済が可能なサイトがおすすめです。他にもコンビニ払いなど、検索・予約サイトによっては複数の支払方法に対応しているケースもあります。決済完了で、予約は確定することになります。

予約が確定すると、あとは出発日に集合時間に集合場所へ行くだけです。予約確定で発行された夜行バスの乗車券がないと、乗ることができませんので、忘れないようにしましょう。

夜行バスの運賃を安くおさえるためには、インターネットの夜行バス検索・予約サイトを利用しましょう。福岡~東京間の場合、出発地と到着地を指定し、ほかの条件の指定が可能なサイトも多数存在するため、人数やシートタイプなどの細かな条件を指定して検索を行なうことが可能です。指定した検索条件を満たした夜行バスが、検索結果画面に一覧表示されます。安く夜行バスに乗りたい場合、検索条件を満たしたものの中で、最安値がどれなのかを知ることが可能です。

この他に、夜行バスの運賃を安くしたい場合には、夜行バスの検索・予約サイトの割引に注目してみましょう。乗車日前の○月○日まで、日にちに余裕を持って予約をした場合に割安になる早割り、検索・予約サイト経由での予約で割安になるネット割、片道ではなく往復の予約で割安になる往復割、学生証の提示で割安になる学割、サイトの会員が優遇される会員割りなどがあります。

その他、夜行バスの検索・予約サイトによってはポイント制度が導入されています。利用料金に応じてポイントが獲得でき、貯めたポイントは次回以降の夜行バスの利用料金にあてることが可能です。ポイント分、夜行バスの利用料金を安くすることができます。